清里観光振興会
清里観光振興会

標高1,200mのフィールド、清里高原。
八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

清里高原

標高1,200メートルのフィールド、八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

Kiyosato Four Seasons Calender

清里の遊びや風景を四季で楽しむ


冬・・・

クリスマス・イヴの夜。聖アンデレ教会では、たくさんのロウソクを灯し、クリスマス・ミサが行われるんだ。 みんな、それぞれの思いを胸にロウソクを囲む。サンタクロースは来ないけど、ボクはこんな静かなイヴがあってもいいと思う。
これは野うさぎの足あと。そしてこれは鹿のふん。雪のうえに小さな模様をみつけたら、それは森の動物たちのあいさつ。この季節ならではのすてきな出会い。

新たな年が始まるころ、雪の季節がやってきます。広い草原が、一夜にして真っ白な世界にかわります。朝、誰もいない雪原に第一歩。ここはボクだけの白いキャンバス。
「スノー・エンジェル」って知ってる?まず、雪のうえに仰向けで寝てみる。そして、両手を左右に大きく広げ、雪をかきわけるように上下に動かす。立ち上がって雪にできたシルエットを見てごらん。羽を広げた天使みたいだよ。

もっと、ずっと小さい頃、雪が静かに降る夜。暖炉のまえでおかあさんが絵本を読んでくれた。ひとつお話が終わると、暖炉の火で、マシュマロを焼いて食べた。クリームのように、とろりととけて、とても甘いんだ。流れ星、見たことないの?それなら、この季節においで。
毛糸の帽子をかぶり、ジャケットとマフラー、そして手袋も忘れずに。あったかいココアをポットに入れて。街の灯がとどかないところまで歩こう。そして、しばらく北の空を見てごらん。ほら、流れ星が必ず見られるよ。約束するよ。

夜どおし降ったしめった雪が、次の日のお昼ごろには、きれいに消えてなくなっちゃう。里雪の季節がやってきた。重たい雪を持ち上げて、ふきのとうが顔をだす。久しぶりに見る若草色に春の足音がきこえる。新芽のかおりがなつかしいな。