清里観光振興会
清里観光振興会

標高1,200mのフィールド、清里高原。
八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

清里高原

標高1,200メートルのフィールド、八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

登山
登山

トレッキング

清里には高原の四季を満喫できるトレッキングフィールドが多数あり、随所に名勝なども点在しています。鳥の声に耳を済ませ、咲き乱れる高原の花々や周囲に広がる雄大な山岳景観に心奪われながらのトレッキングやハイキングは自分を取り戻す一日を約束してくれるはずです。図鑑片手にバードウォッチングや野草ウォッチング、歩き疲れたら放牧された牛達とふれあいながら牧草地に横になる。そんな過ごし方も清里高原ならでは。

トレッキング
トレッキング

ご注意ください

トレッキング・登山共、悪天候下での行動はできるだけ避け、急な天候の変化にも対応出来る雨具・防寒具の装備や食料などの用意は万全にして下さい。また整備されているとはいえ、ほとんどのルートは未舗装路です。季節や天候によってぬかるんだり、積雪がある場合もありますので、悪路に対応出来る靴をご準備されることをお勧めします。
悪天候・自然災害等によりルートの通行止めや、迂回コースのご案内が出ている場合もありますので、事前情報をお確かめ下さい。
安全に楽しく歩きましょう。

ひとこと

トレッキングをより楽しみたい方は、知識と経験が豊富なアウトドアガイドのトレッキングガイドツアーに参加してみるのもお勧め。


八ケ岳牧場コース(所要時間 約60分)

清里のトレッキングコースで一番人気。
県営の牧場の広大な敷地の中を八ヶ岳の雄姿を見ながらのんびり歩くルートです。 コースの途中まで舗装道路の為に簡単に絶景が楽しめる所がポイント。5月上旬頃から牛が放牧され、牧歌的な清里をイメージするには最高のロケーション。 5月中旬頃からはヤマナシの花が咲き始め、6月に入るとコナシも見頃に。森には入ってからの道の脇には山野草も多く見られるルートです。初夏にはクリンソウやニリンソウ、オキナグサなどが可憐に咲きます。 ルートの途中にはテーブルのある見晴台があり、八ヶ岳の美しい姿を見ながらランチや休憩にお勧め。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像

美し森・天女山コース(所要時間 3~4時間)

「美し森」と「天女山」をつなぐ八ヶ岳の山麓を横断するパノラマコースです。天気が良好な日は序盤の美し森からの大展望が魅力です。 八ヶ岳をはじめ、南アルプスや富士山、奥秩父などに囲まれ、眼下に清里の森の風景が広がります。6月初旬からはレンゲツツジやヤマツツジ の群生が楽しませてくれます。途中の脇道を入ると4月下旬ごろからミズバショウ、6月にはクリンソウが群生する小さな沢も。 羽衣池を経由して進むと川俣川に流れ込む小滝、そして森を抜けるとワイドな景観が見所の八ヶ岳牧場へ。 天女山へ向かうルートは八ヶ岳の森の中、カラマツやミズナラの木々を見ながら。天女山の向こう側には天の河原という眺望のよいポイントもあります。 天気のいい時にはここまで足を延ばしてみてるのもお勧め。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像

川俣川東沢渓谷コース (所要時間 約2時間)

長い年月をかけて刻まれた八ヶ岳屈指の渓谷美を堪能出来るお勧めのコース。川俣川の上流域に位置するため、水量豊富な清冽な渓水と大小の滝、奇岩、周辺山麓には珍しいブナの天然林やサワグルミの巨木などが魅力です。 ルートは終始渓流に沿って続き、小さな鉄橋によって流れを横切ることもしばしば。この渓谷に入ると夏でも涼しく、聳え立つ岸壁と四季折々に装う樹木の織り成すコントラストは見事。ことに新緑と紅葉の時期の「吐竜の滝」 は圧巻です。ルートはしっかりと付けられ、指導標等も完備、エスケープルートも確保されています。但し、川床を離れ、両岸の斜面をトラバースする箇所などでは転落等への細心の注意が必要です。雨天時などには特に気を付けましょう。
清里駅や清泉寮などを起点とした場合でも車道を歩かずに済む林間のトレイルも整備されており、それぞれの起点からの周遊ルートも多様です。



※現在、川俣川渓谷は一部崩落や、橋の損壊等で通行止めの箇所があります。迂回ルートを通行して下さい。
また、迂回ルートへ向かう時に増水している場合には通行できない箇所(通常時に飛び石で川を渡る所)もあります。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像

飯盛山コース (所要時間 約3時間)

清里高原の東にそびえる飯盛山はその名の通りお茶碗に丸く盛られたご飯のようで、山頂付近には高い樹木のな無い穏やかな山容です。山頂からは広大な八ヶ岳連峰が目前に迫り、南アルプス・富士山・奥秩父などが一望される一級の山岳景観が自慢。 山麓には貴重な野草や季節の草花も豊富で、四季を通じ楽しむことができます。平沢峠へ下ると、溶岩が集積した獅子岩に出ます。ここからの展望も素晴らしいの一言。 八ヶ岳の山容が一望出来ます。ここから野辺山駅に向かうと、高原野菜の広大な畑に囲まれる清里とはひと味違った景観を楽しむことが出来ます。
比較的短時間で登れることもあり、積雪期の登山入門に最適です。但し気象条件によってはそれなりの厳しさを伴うので、夏期・冬期とも雨具・防寒具・予備の食料等基本装備は万全にする必要があります。 少しハードなスノーシューを体験したい方にもお勧め。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像

KEEP農場~吐竜の滝コース (所要時間 約60分)

KEEPファームショップ横からアンデレ教会裏の牧草地を通り、川俣川渓谷の吐竜の滝へ向かうルートです。
キリストの生涯を描く14のキリスト像が置かれる「十字架の横道」を通りアンデレ教会横から牧草地へ出ると、八ヶ岳を眺めながらの広々としたフィールドが爽快感を与えてくれる場所です。 森の中へ入ると、渓谷へ向かうなだらかな下り。樹林の心地よさを味わっているとだんだん沢辺の水音が聞こえてきます。 川俣川渓谷は小海線の鉄橋横にでます。川沿いの道に降りるときには細くて急なところを通るのでご注意を。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像

富士山とせせらぎの小径~ファームショップコース (所要時間 約30分)

八ヶ岳ふれあいセンターからKEEP自然歩道「富士山とせせらぎの小径」を通り、ファームショップまで歩くルートです。
KEEPの森の中の整備された歩道をゆっくりと歩き、気軽に自然を体感できます。途中、天然記念物の「やまね」の博物館「やまねミュージアム」に立ち寄るのもお勧め。 牧草地にある展望テラスでは富士山や金峰山など秩父連山が一望できます。 サブコースとして清里駅側から牧草地へ向かうルートもあります。

画像 画像 画像 画像 画像
画像 画像